もんたにすた 〜フツーのオトナ女子の登山あれこれ〜

登山ログや山ギア使用感などあれこれ書いてます

久々の伯耆大山、雨中山行

引っ越しやら出張やらで1ヶ月ほど山登りブランクに。

 

久しぶりに鳥取は大山町、伯耆大山に登ってきました。言わずと知れた中国地方百名山、標高1729メートルのその山容は、周囲に山群を従えてどっしりと広がる雄大な姿。

 

今回は夏道登山道をピストンしました。

この時期ならお花畑が楽しめるユートピアルートもいいですね。

 

夏道登山道入口から一番近い南光河原駐車場。

満車です。

f:id:montanista:20170819080854j:image

ここに専用ポストが置いてあり、登山届・下山届を出書いて出せます。

 

登山道入口。

f:id:montanista:20170819080124j:image

登り始めてすぐは、石段。

f:id:montanista:20170819080333j:image

 

そのあとは、森林限界を超え始める8合目あたりまで、こんな感じの階段がずーーーっと続きます。

f:id:montanista:20170819080357j:image

 よく整備されていて、危険な箇所、難所はありません。

階段が多いので、足が疲れる・飽きるのに耐える忍耐力が必要かな(笑)

ただ、木々の緑や周囲の眺めはすばらしいので、適度に休憩をとりながら目で楽しめますよ。

 

1合目

f:id:montanista:20170819080547j:image

2合目

f:id:montanista:20170819080547j:image

3合目

f:id:montanista:20170819081405j:image

4合目

f:id:montanista:20170819081432j:image

 

張り出した根っこが地上に突き出している切り株。毎度、これを見てびっくりします。

f:id:montanista:20170819082024j:image

 

登り始めは晴れてたんですけどね。4合目を過ぎたあたりから、だんだんガスが出て、幻想的だなあ、なんて思っていました。

f:id:montanista:20170819080937j:image 

f:id:montanista:20170819081611j:image

花びらが透き通って、雨粒が滴ってとてもきれい。

 

 

f:id:montanista:20170819081527j:image

5合目

 

f:id:montanista:20170819081653j:image

f:id:montanista:20170819081733j:image

6合目、避難小屋の周りには休憩中の登山者で賑わっていました。

せっせと登りますよ。

f:id:montanista:20170819082452j:image

 

f:id:montanista:20170819082055j:image

7合目。このあとはゴリゴリした岩、石ベースの道です。しかし、傾斜が急なところなどは石が階段状に固められていたりしますので、やはり難しい場所はありません。

f:id:montanista:20170819082359j:image

 

道を覆う木々はなくなります。森林限界

f:id:montanista:20170819082522j:image

視界がひらけて上のほうが見え、、、てきません!ガス!

 

8合目を過ぎ、山頂に続く木道に差し掛かった途端に、ついに雨が。かなり大粒の雨。

あわててザックカバー装着、カッパを着込みました。

f:id:montanista:20170819081025j:image

f:id:montanista:20170819081038j:image

 

山頂の小屋に駆け込んで、ひと休みしてお昼ご飯。たくさんの人が雨宿りしていて大混雑でした。

f:id:montanista:20170819081202j:image

山頂小屋はガスの中に浮かび上がるように佇んでいました。

 

コースタイムは 往路 約3時間 / 復路 約2時間半。

自分は、往路 2時間 / 復路1時間半 でした。

せっせと登り、すたこらと降りました。雨でぬかるんだり水浸しの箇所もあり、下りはちょっと気を使いました。

 

あいにくの雨でしたが、わたしは、夏の山行での雨はきらいではありません(冬は凍えるからダメですけど)。これもまた山。

 

伯耆大山、秋口まで登山を楽しめます。

ぜひ鳥取近くにお越しの際はお越しを。

 

 

登山もいける世界遺産の島 宮島・弥山

宮島といえば厳島神社、海上の大鳥居。

…なのですが、霊山「弥山」を擁する山の島でもあります。

 

今回、ヤマレコのログが飛んでしまってルート図がないのですが、、

 

f:id:montanista:20170618202727j:plain

JR/広電「宮島口」駅から徒歩5分程度、船着き場からフェリーに乗って宮島へ。

 

往路(登り)は紅葉谷コース。

復路(下り)は、弥山山頂から駒ヶ林に寄り道して、大元コース。

 

紅葉谷コースは道もよく整備されていて、難所はまったくありません。

ただ、階段状なので登りやすいとは言え、割としっかり傾斜のついた坂も多く、今の時期は暑さもあって調子よく登っていくと、結構バテます。

f:id:montanista:20170618202740j:plain

f:id:montanista:20170618202808j:plain

大きな岩の側面を通ったり、川沿いを歩いたり、景観を楽しみながら登れます。

f:id:montanista:20170618202821j:plain

整備された石段。歩きやすいけど、スピードや休憩を意識しながら登らないと疲れます。

 

f:id:montanista:20170618202838j:plain

途中からロープウェイの駅(獅子岩駅)から降りた人が合流して、かなりの混雑に。

じっくり歩きながら登ります。

 

道中、弥山本堂・霊火堂を通過。

一本100円のお線香を炊いて、今後の登山の無事をお祈りしておきました。

f:id:montanista:20170618202851j:plain

霊火堂。中にろうそくがたくさん立っています。

 

f:id:montanista:20170618202904j:plain

弥山本堂。

 

f:id:montanista:20170618202916j:plain

霊火堂の脇の石段を上がって行きます。

道はしっかり整備されていますが、左右・周囲はごつごつした岩がたくさん。

f:id:montanista:20170618202931j:plain

f:id:montanista:20170618202945j:plain

お地蔵様とケルン。

f:id:montanista:20170618202957j:plain

横を見れば瀬戸内の海と島々が。

f:id:montanista:20170618203012j:plain

岩の隙間を通って行きます。

f:id:montanista:20170618203028j:plain

岩場の間に観音様やお地蔵様が祀られています。

この岩場を抜けていくと、、、

 

弥山山頂です。

立派なコテージ風の休憩所が建っています。元旦のときは、初日の出を見ようという多くの人々でひしめいていましたね。

f:id:montanista:20170618203043j:plain

弥山山頂の休憩所と三角点。

f:id:montanista:20170618203056j:plain

山頂の木碑。

f:id:montanista:20170618203109j:plain

休憩所は、地下にトイレ、2階、3階にベンチもあって多くの人がお弁当を食べたり休憩を取っていました。

f:id:montanista:20170618203122j:plain

休憩所からの眺め。

 

さて、弥山山頂でお昼休憩を取った後、別ルートから下って行きます。

まずは弥山から大敷岩のある駒ケ林山頂を目指します。紅葉谷ルートに比べると、大元ルートはもう少し自然な山道。岩を通過したり、木の根を踏み越えたりと、ラフな感じです。

 

f:id:montanista:20170618203137j:plain

f:id:montanista:20170618203151j:plain

弥山山頂から15分ほどで、駒ヶ林山頂。

大きな岩(大敷岩)がゴロンと横たわっています。

f:id:montanista:20170618203210j:plain

駒ヶ林山頂から眺めた弥山山頂。

 

f:id:montanista:20170618203226j:plain

瀬戸内海の眺望もすばらしく。

f:id:montanista:20170618203241j:plain

f:id:montanista:20170618203255j:plain

 

さて、大きな岩の上で風に吹かれてしばし景色を楽しんだら、大元ルートから下って行きます。

f:id:montanista:20170618203310j:plain

f:id:montanista:20170618203337j:plain

木の根っこや岩・石を越えていくような場もちらほら。

たいして危険でも難しいわけでもないですが、ふつうに「山道」ですので、しっかり足元に注意して降りて行きます。

f:id:montanista:20170618203356j:plain

大きな岸壁の根元に、お地蔵様が祀られています。

「風吹岩」と「岩屋大師」です。

 

風吹岩を通過し、どんどん降りていくと、次第にシダや笹が茂ってきました。

藪漕ぎとまではいきませんが、かなり茂っている箇所もあり、手で茂みを左右に避けながら進んだところも。足場は、土と岩から、すべりやすい・崩れやすい軽砂の道になっていって、そこそこ傾斜がありますので、油断するとズザーっと足が滑ります。

f:id:montanista:20170618203411j:plain

 

大元ルートはちょっと長め。

とことこ歩いて、岩やお地蔵様や景色を眺めながら進んでいって、30分ほどたったころ、見慣れた宮島の海と神社の景観が目の前にひらけてきました。

f:id:montanista:20170618203426j:plain

大鳥居、厳島神社五重塔。「ザ・宮島」な景色です。

このまま下って、大元公園、大元神社にでたら、もう山道は終わり。

 

宮島の仲道を通り、途中の屋台でよく冷えた缶ビールを買ってぐびり。

最高の味でした!

 

神社めぐりやもみじ饅頭もいいけれど、時には弥山登山、いかがですか。

今は新緑まぶしく眺めもよく、また紅葉シーズンほどの賑わいにもなっていないので、山登りしたいならおすすめの時期ですよ。

 

ローバー メリーナGTX お手入れ

里山登山から少しハード目の日帰りまで、いつも一緒に登ってくれる登山靴、ローバー メリーナGTX。

いつもは「水洗いして汚れを落として乾燥」で済ませていますが、少し汚れが目立つなーというとき、3〜4回登ったときは「ちゃんと」お手入れします。

 

今回は4回登山後で、かなり汚れて傷もついているので「ちゃんと」お手入れコースです。

 

使うもの

 

コロニル ナノコンプリート

コロニル レザージェル(ワックス)

コロニル レザーローション

コロニル ナノクリーム

登山靴専用の海綿スポンジ

コロニルのブラシ

 

水洗いして表面の汚れをスポンジで拭い取り、硬めのブラシでソールの石、泥を落としたら、全体にナノコンプリートを吹きかけます。ナノコンプリートは皮革、布地の両方に使える便利なクリーナーです。

f:id:montanista:20170611204617j:image

f:id:montanista:20170611204630j:image

f:id:montanista:20170611204434j:image

シューっとスプレーすると泡状の液体が靴に付着します。少しすると泡が落ち着いて靴に付着していくので、スポンジで横に伸ばしてムラを無くします。

f:id:montanista:20170611204604j:image

10分くらい置いて表面が少し乾いてきたら、新聞紙の上に移します。

少し水を弾いていない箇所があるので、今回は「しっかりちゃんと」お手入れ。ということで、レザージェルを塗ります。

(皮革が水を弾いていれば、ジェル(ワックス)は不要)

f:id:montanista:20170611205032j:image

指にジェルを出して、人差し指の腹で皮革部分全体に塗り伸ばし、その後、ブラシでさらに全体に行き渡らせ、中に浸透するようにブラッシングします。

f:id:montanista:20170611205109j:image

f:id:montanista:20170611205212j:image

次に、皮革部分にローションを塗ります。

f:id:montanista:20170611204732j:image

f:id:montanista:20170611204757j:image

塗り塗り。このローションは茶色い色がついているので、赤い布地部分につかないように気をつけます。

 

ローションを皮革部分全体にムラなく塗ったら、ナノクリームを塗ります。

f:id:montanista:20170611205337j:image

ワックス同様、指先に1.5センチくらいクリームを出して、指の腹で皮革部分全体に塗ります。

f:id:montanista:20170611205355j:image

f:id:montanista:20170611205432j:image

紐穴の周りにもしっかり塗ります。

その後、またブラッシング。素早くしっかり、全体をブラッシングして、クリームがムラなく全体に行き渡り、中に浸透していくように丁寧に。

 

f:id:montanista:20170611205616j:image

f:id:montanista:20170611205655j:image

はじめのうちはこんな感じ。あまり艶がありません。 

さらにブラッシング。

f:id:montanista:20170611205720j:image

f:id:montanista:20170611205739j:image

いい感じに光沢が出てきました。

この後、しっかり乾燥させて完成。

 

靴紐は洗濯ネットに入れて洗濯機で洗います。

靴の中は消臭殺菌スプレー。

ソールも同じく消臭殺菌スプレーをたっぷり吹きかけ、こちらも風通しのよいところに置いて乾燥。

 

傷がついたりして、「ちゃんと」お手入れしてもその傷は残りますが、ワックスやクリームで保護してあげることで、表面が保護されている状態になり、撥水機能も復活、小石や土汚れを弾くツルツルスベスベの表面になります。

 

このお手入れ、慣れてくると面倒も感じなくなり、むしろ愛着が増しますし、靴をよく見るので自分の履き癖や、意外なところについた傷や汚れに気付けるいい機会になります。

 

ローバーなどの革靴購入をお考えの方、革靴や皮と布地ミックスの靴をお持ちの方、ご参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

白い蝶(?)の群生乱舞 三瓶山

ふたたび、島根の三瓶山に行ってきました。

前回とまったく同じルートを別の仲間と登ったわけですが、これまでにない経験をしたのです。

それは、無数の白い蝶がひらひらと舞っていることでした。

去年も5月の終わりころには三瓶山に登りましたが、こんな景色を見ることはありませんでした。今年が特別なのか、本当に時期が限定的なのか。

 

iPhoneカメラだと捉えきれていませんが、、、かなりの数の白い蝶が飛んでいたんです。白くチロチロしている影はぜんぶそれです。

 

 

f:id:montanista:20170611131914j:plain

f:id:montanista:20170611132017j:plain

なかなか花や葉にとまらないでヒラヒラ飛んでばかりですが、ようやく休んでいるところを見つけてパシャリ。ずいぶん薄い羽。模様はないけど、なんだか儚い感じ。

f:id:montanista:20170611131929j:plain

で、幻想的だなあ、きれいだねえ、不思議だよね、なんて言いながら登山を楽しんでいたのですが、やはり、「なんていう蝶だろう」と気になったわけです。

 

そこで、下山後に調べてみましたところ、

 

 

だった…ONZ

(キアシドクガ、というらしいです。よりによって毒蛾ですか…)

 

 

気を取り直して。

ツツジがずいぶん咲いていました。山肌の緑の中に、ツツジの赤やピンクが鮮やかに映えていて、とってもきれいでした。

f:id:montanista:20170611132036j:plain

子三瓶山からのぞむ男三瓶山。

ちょっとガスが出ていたのが残念ですが、晴れていてきれいでした。

f:id:montanista:20170611132050j:plain

西の原から眺めた男三瓶山、子三瓶山。

f:id:montanista:20170611131858j:plain

 

キアシドクガさんは、平地なら5月、山地ならこの時期(6月ころ)に羽化するそうです。蛾というとどうも印象よくないですが、たくさんの数がヒラヒラ儚い感じで宙を舞っている姿は、遠目に眺めている分にはとってもきれいで、ちょっと圧巻でした。

蝶ならよくて蛾はダメ、っていうのも、まあ、偏見なんですよね。

岩場&荒道どんとこい!鎌倉寺山

志和口にある鎌倉寺山は、標高610メートル。かつて、山頂付近に鎌倉寺があったとのこと。

 

山頂にシャクナゲの花が咲いているらしい、ということで、花見ついでのハイキング…ということになってましたが、

 

いやいやいや

 

そもそも鎌倉寺山はクライミングの練習山としてクライマーが集うような山。要は岩場の多いゴツゴツした岩山なのです。

その岩場を連続してよじ登りよじ降りる、結構ハードな山です。

f:id:montanista:20170529162102p:image

 

志和ICから降りて少し行ったところ、牛岩登山口から入山。登山口より10分くらい歩いた手前に駐輪場があります。

 

f:id:montanista:20170529160542j:image

登山口? とちょっと怪しむほど、さりげない入口です。

 

f:id:montanista:20170529160528j:image

f:id:montanista:20170529160625j:image

初っ端から、いやぁ茂ってるな〜という道。藪こぎとまではいきませんが、かなり木々、草が茂っていました。

f:id:montanista:20170529160844j:image

f:id:montanista:20170529160902j:image

赤リボンや道跡をキョロキョロ探し、倒木をくぐり、枝を払いのけ…の連続。

いやぁ、こんな里山でサバイバル満喫とは。

 

かなりの傾斜で、苔や落ち葉で滑るし、土は柔らかいし、シダで足元見えないし。サバイバル〜。

f:id:montanista:20170529161003j:image

f:id:montanista:20170529161033j:image

 

ゴツゴツした石場、岩場も。

f:id:montanista:20170529161211j:image 

 

そんなこんなで、ワー!とかウァー!とか言いながら登ること約40分。

f:id:montanista:20170529161252j:image

分岐に差し掛かりました。ここまでくると山頂は近い。この標識はとてもわかりにくい(笑)

 

岩場出現。

f:id:montanista:20170529161342j:image

f:id:montanista:20170529161420j:image

登れ登れ〜。

 

その後、少し平坦な道が伸びていました。途中で、蔓状に伸びた木が円を描いていて、まるでアーチのようになった場所が。ステキなので思わずパシャリ。

f:id:montanista:20170529161444j:image

アーチ!

 

f:id:montanista:20170529161556j:image

山頂に到着!

大きなブナの木が立っていて、標識がつけられていました。

 

近くにシャクナゲの花が。

f:id:montanista:20170529161820j:image

しおれかけているものもあり、ちょっとシーズンを逃したかな…、でも、まだまだ咲いていて、濃い緑の中に鮮やかなピンクがきれいに映えていました。

 

山頂でお昼ご飯を終え、近くの鎌倉寺跡を見にいきます。

f:id:montanista:20170529161851j:image

お寺の気配は何もないけど、石垣の跡や石塔がありました。

 

さて、、、ここから第二幕が始まります。

登りは野蛮な藪道でしたが、下りはいよいよ鎌倉寺山の真骨頂、岩場です。

さらに言えば、周囲の山をいくつか越えます。

鎌倉寺山、権兵衛山、槍が峰、南峰。標高は低くなっていきますが、要は大きな岩場の連続を登って降りて…をこの山の数だけ繰り返すわけですね。

 

さて行くか!

 

f:id:montanista:20170529162043j:image

f:id:montanista:20170529162157j:image

f:id:montanista:20170529162232j:image

f:id:montanista:20170529162303j:image

f:id:montanista:20170529162328j:image

f:id:montanista:20170529162356j:image

 

イェーイ!

登っても登っても、下っても下っても、

 

岩だらけ!(笑)

 

ちなみに、わたしは岩場は大好物です。

(しんどかったですけどね) 

自分は最後まで半ば楽しみながらワーワー言ってよじ登ったりよじ降りたりしていましたが、ツレは途中から無口になりました(…)。

 

往路は木陰が多かったのですが、帰路は日当たり良好のカンカン照りで、かなり汗をかきました。それもしんどさの理由の1つですね。 

 

でも、快晴だけあって、眺めはとてもすばらしく。

f:id:montanista:20170529162643j:image

f:id:montanista:20170529162757j:image

f:id:montanista:20170529162241j:image

 

最後は砂の多い急な傾斜の坂道を用心しながら下りました。岩登り、岩下りで足が疲れていて、気をぬくと膝が笑います。慎重に。

 

降りは約90分かかりまして、登り始めの牛岩登山口より手前、標高100メートルくらい低い南登山口に到着。

 

すぐ近くに小さな滝と池があり、顔や手を洗って涼みました。涼しい!生き返る〜!

f:id:montanista:20170529163113j:image

 

そこから15分ほど歩いて駐輪場まで行き、車で帰りました。

 

シャクナゲはおまけ。

ライミングの人が訪れるという岸壁はこちら。

f:id:montanista:20170529163641j:image

さすがのわたしも玉ヒュン(…無いけど)

 

岩場、藪漕ぎ、道探し、そんなサバイバル感満載のセミハード山行を、こんな里山で味わえます。

ちょっとがっつり登山したいというあなた、鎌倉寺山はいかがですか?