読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涸沢カール〜北穂高岳 2日目(モルゲンロートと北穂ピストン)

涸沢カールの朝、と言えばモルゲンロート。

前夜はガスってるなー、朝は厳しいかなと心配してましたが、

 

早起きしてみれば素敵な秋晴れの朝!

 

ということで、モルゲンロートを楽しみました。山が燃え立つような美しさ。息を呑みます。

見頃の時刻としては、5:30〜5:45くらいかな。

 

f:id:montanista:20160926222010j:image

f:id:montanista:20160926222036j:image

f:id:montanista:20160926222054j:image

 

ちなみに2日目もこんな感じ↓。

少しガスが出てましたが、それはそれで神秘的な雰囲気。

f:id:montanista:20160926222240j:image

f:id:montanista:20160926222209j:image

f:id:montanista:20160926222225j:image

 

そして、上機嫌で朝ご飯を済ませ、アタックザックに荷物を詰め込んで、いざ北穂高岳へ。

 

涸沢小屋の裏手から登り始めます。

f:id:montanista:20160926222442j:image

7時半頃に出発。

始めから結構な傾斜の石段状態の山道をぐんぐん登ります。涸沢カールのテン場が眼下に遠ざかっていきます。

f:id:montanista:20160926222546j:image

f:id:montanista:20160926222638j:image

f:id:montanista:20160926222649j:image

f:id:montanista:20160926222712j:image

 

道中の写真は、ガイドブックやあちこちのブログさんで紹介されてますから割愛。

 

とにかく、岩!

ガレ場と岩場です。こんな感じの。

f:id:montanista:20160926223130j:image

f:id:montanista:20160926231412j:image

 

 

北穂高岳までのルートは、岩稜帯をごりごり登り、時にクサリ、時にハシゴが出現しますが、さほどテクニカルに難しいわけではなく、度胸と登り方と体力の問題。

きわどい場所はありません(個人の感想ですが)

 

でかい岩が続くルートを登って行く時、自分は、三点支柱とか難しいことは考えず、とにかくサルになったつもりで、手をかける場所、足をかける場所をなるべく早めに見当をつけつつ、両手両足を使って、岩3〜4個分くらい一息でグイグイ登ります。

登り途中、中途半端なところで動きを止めると体重と重力で余計にしんどい…。

 

途中、バテバテの人が多く見受けられましたが、見てると足の力だけで登ろうとしてる印象。

 

上方の岩にかけた手で、ぐっと体を引き上げ、同時に岩のくぼみなどに乗っけたほうの足の裏に力を入れて上に体を押し上げる。

手足の両方の力と、多少のリズムと反動をつけた勢いで上へ上へと登るほうが、楽しいし、ラクです。

 

てなわけで、自分としては岩登りを面白がりながら、ほどよく短い休憩をとりつつ10:00頃に登頂。

 

f:id:montanista:20160926223654j:image

 

北穂からの展望は素晴らしいと聞いてましたが、ホントにすてきでした。

f:id:montanista:20160926223729j:image

f:id:montanista:20160926231550j:image

f:id:montanista:20160926223757j:image

 

 f:id:montanista:20160926223816j:image

f:id:montanista:20160926223833j:image

槍ヶ岳も拝めてご機嫌。

やっぱり存在感があります、槍さま。

 

f:id:montanista:20160926223922j:image

北穂高岳小屋で美味しいドリップコーヒーを注文し、持参したメロンパンで早めの昼食。

 

なお、小屋のお昼は11時からの受付とのことで、カレーライスを食べるために30分ほど待機する人多数。

 

その後、トコトコ下山しましたが、お天気も良くてスムースに降りられました。

クサリは降りるほうが少し怖いかな。足場が見えないので慎重に。

 

で、涸沢カール間近の紅葉にうっとり。

f:id:montanista:20160926224221j:image

f:id:montanista:20160926224230j:image

 

もうすぐ我が家!と思うこの風景に気合いが入り、元気にカールまで降りました。

f:id:montanista:20160926224307j:image

 

そして、お疲れさまのビール!

涸沢小屋はマムートとコラボしててジョッキがすてき。

f:id:montanista:20160926224338j:image

 

お疲れさま!カンパーイ!

 

というわけで、今回はここまで。