もんたにすた 〜フツーのオトナ女子の登山あれこれ〜

登山ログや山ギア使用感などあれこれ書いてます

伯耆大山 ユートピアルート

鳥取県に鎮座まします百名山、大山(伯耆大山)に登って来ました。

今回はユートピアルートです。

 

大山寺の脇から始まる登山口から、大神山神社、二俣、下宝珠越、中宝珠越、上宝珠越を通り、ユートピア避難小屋を経由して三鈷峰に至ります。

 

大小岩ゴロゴロ、砂礫ありガレ場あり、時に手まで使ってよじ登り、時に片方が切れ落ちた場所をそぞろ歩き…割とがんばる箇所がある、日帰りお手軽ながら相応の難度を誇るルートです。

 

今回は晴れときどき曇り、30分ほどパラついた雨というお天気。

もう少し青空や遠景まで楽しめたら最高でしたが、贅沢は言いますまい。

 

f:id:montanista:20161016212439j:image

f:id:montanista:20161016212451j:image

上宝珠越付近から、大山を望む。

f:id:montanista:20161016212509j:image

ユートピア小屋近くからの大山の山並み。崩落っぷりが猛々しいですね。

 

f:id:montanista:20161016212625j:image

三鈷峰。

f:id:montanista:20161016212639j:image

写真ではわかりにくいのですが、三鈷峰の最初の山のてっぺんはひと1人がなんとか通過できる小さくてとんがったピーク。

結構、スリルがあります。

 

f:id:montanista:20161016212740j:image

f:id:montanista:20161016212749j:image

三鈷峰頂上。

風が強かった…!

 

象の鼻は、崩落がひどく危険とのことで立入禁止になっており、行けませんでした。残念。

 

紅葉はもう一歩、まだ最盛期とは言えませんでしたが、程よく色づき始めた木々の葉、真っ赤な木ノ実、いずれもとても楽しめました。

 

木の根やロープを助けに、よじ登ったり、しがみつきながら降りたり、ちょっとしたスリリング登山が経験できます。

 

下山したら、地元の大山寺近隣の銭湯や旅館で温泉に浸かることもでき、車を10分走らせれば「みるくの里」で地元の牛の生乳から作られる美味なソフトクリームを堪能できます。

 

伯耆大山で有名なのは夏登山道ですが、ユートピアは人も少なめ、変化に富んだルートでおもしろいです。

近所の低山より少しレベルアップしたい、という方にもおすすめ!