読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もんたにすた 〜フツーのオトナ女子の登山あれこれ〜

登山ログや山ギア使用感などあれこれ書いてます

おすすめインソール シダス アウトドア3D

登山靴には、その靴に合わせたインソールがついています。登山を始めた頃、山屋の店員さんや登山好きさんのブログなどで「付属のインソールはダメダメ」という話をたくさん聞きました。

 

が、そんなにダメか? と、正直感じました。

各靴の特性や形状に合わせて作られたインソールですから、別のインソールを無理やり突っ込むよりは、デフォルトのもののほうが靴とのフィット感は勝るような気がしました。

 

が、夏にテン泊で北アルプスを縦走した時、長い長いトレイルで、急登や岩場、長い下りあり、重たい荷物を背負って…という環境下で、インソールがぺちゃんこになり、足が硬くなったり浮腫んだりする中で、結構しんどい思いをしました。

その時、インソールに足裏を支えてもらったり、圧迫してもらえたら…と感じたんです。

 

で、いろいろ探しました。

 

ヒットしたのが、シダス(SIDAS)というインソールメーカー。

複数のインソールを開発、販売しているメーカーです。ここが出している登山用のインソール、「アウトドア3D」です。

f:id:montanista:20161229154452j:image

(シダス社のHPより)

 

 以下、実際に自分が使っているシダスのインソールの写真です。ちょっと汚れてますがお許しを。

 

f:id:montanista:20161229153117j:image

シダス アウトドア3D

左側が上面(足にフィットする側)、右側が裏面(靴底に当たる側)

お値段は5000円ほど。

 

f:id:montanista:20161229153246j:image

側面。

f:id:montanista:20161229153311j:image

f:id:montanista:20161229153318j:image

f:id:montanista:20161229153325j:image

かなり湾曲していて、足の形状に合わせようとしているのがわかります。

ヒールカップ(カカトを包む部分)は15ミリくらいの深さ。

足側の素材は、なんていうんだろう…、起毛した皮革(なめし皮の裏側?みたいな)のような感じ。靴下がぴたっとくっつくような印象で、滑りません。ほどほどに汗も吸います。

 

f:id:montanista:20161229153434j:image

f:id:montanista:20161229153440j:image

f:id:montanista:20161229153446j:image

裏側は、部位によって使われている素材や強度が変えられています。

緑色の部分は強いフェルト生地のような感じの、滑り止めが施されています。

 

使ってみた感じは、とってもグッド。

足裏側が程よく圧迫され、疲れの軽減のほか、靴の中で足が動く・ズレるのも防いでくれます。

インソールがあまり厚くなく、また、硬すぎないので、靴底から伝わる感触が足裏で感じられて、無感覚の怖さもなし。

蒸れは、デフォルトのインソールと大差なし。

 

うーん、素敵です。

 

有名な緑色や青色のやつは(山屋さんがよく勧めてくださるアレ…)、よくよく調べると、登山用として設計されているものではなく、どちらかというとランニング用ということで、ちょっと求める効能が違うぞ。と気づきました。

ランニングと登山は明らかに足や靴にかかる負荷が違いますから、逆に足を痛めたりする可能性もあると登山家の人が教えてくれたことも。

 

 

というわけで、シダスに落ち着きました。

 

普段の日帰り登山、低山遊びは、靴にもともとついているインソールでOK。

長めの距離や荒い足場の多い登山、テン泊や泊まり/縦走のコースに挑む時はシダス。

 

おすすめですよ!