読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もんたにすた 〜フツーのオトナ女子の登山あれこれ〜

登山ログや山ギア使用感などあれこれ書いてます

スノーハイクで樹氷満喫。比婆山

広島と島根にまたがる比婆山、いくつかの山が繋がっていて比婆山連峰とも呼ばれます。

 

今回は冬の比婆山

天気予報は晴れ、「ひろしま県民の森」駐車場からスタートです。

 

一緒に登る男性陣はワカン装着。

自分はアイゼンを持参しましたが、結局使いませんでした。

 

靴はローバータホープロ、ゲーターをつけて雪が靴と足の隙間から入らないように防御。

アウターには、マムートのフリースを着用。

 

f:id:montanista:20170226194359j:image

f:id:montanista:20170226194346j:image

登山口の周りはすっぽり雪、足跡なし。

キョロキョロしていたら、そのすぐ先に足跡が。車道からよっこいしょ、とよじ登って登山道にオン。すでにこの時点で20センチくらいズボッと雪にはまります。

 f:id:montanista:20170226194648j:image

足跡を頼りに進みます。

f:id:montanista:20170226194543j:image

f:id:montanista:20170226194625j:image

きれいだなあ。木ってけなげだなあ。

…と感嘆しながら歩いていると、途中で足跡が途切れました。先駆者さん、雪が深いから諦めてしまったのでしょうか。

 

しかたない、我らが道を切り開こう!

ということで、ワカン隊が道をつくり、自分はその踏み跡を辿りながら歩き始めました。

f:id:montanista:20170226194725j:image

f:id:montanista:20170226194906j:image

看板があって少し安堵。

道が合ってるかどうか、iPhoneに入れた地図の位置情報とコンパスが頼り。

f:id:montanista:20170226195009j:image

f:id:montanista:20170226195024j:image

ちょっと天気が崩れてきた…どうか荒れませんように。祈りながら雪の中を歩きます。

時々、ズボッズボッと20〜30センチくらい足が雪に沈み、結構体力を使います。

f:id:montanista:20170226195142j:image

風雪で雪渓になってる。崩れて滑落しないように、なるべく離れたところを歩こう…。

f:id:montanista:20170226195229j:image

f:id:montanista:20170226195240j:image

うー、風も出てきて寒いー。

耳がちぎれそうです。耳あて付きの帽子にすればよかった…!

f:id:montanista:20170226195340j:image

少し晴れてきました。

気持ちを盛り上げながら進みます。

f:id:montanista:20170226195420j:image

樹氷!青空ならばさぞ映えたことでしょう。

…と思いながら進むと、

f:id:montanista:20170226195507j:image

おっ、開けてきた。

避難小屋が見えてきました。

f:id:montanista:20170226200658j:image

周りは樹林帯。樹氷三昧だ!

こちらで昼ごはんをいただき、少しして外に出ると…

f:id:montanista:20170226200801j:image

f:id:montanista:20170226200814j:image

晴れた!

f:id:montanista:20170226200839j:image

小屋のツララ。

f:id:montanista:20170226200924j:image

きれいだー!

天気が好転したことでモチベーションが上がり、再び出発。

f:id:montanista:20170226201014j:image

かなりの傾斜のある道を、ズンズン歩きます。

左は崖、うっかり踏み抜かないように気をつけつつ。

f:id:montanista:20170226201115j:image

結構積もってるなあ。

かなり雪が深く、道が狭いので、今回は烏帽子岳を巻きました。

 

さて、そろそろ池の段に近づいたはず。

f:id:montanista:20170226201252j:image

見えてきました!

あそこに上がると、素晴らしい展望が広がっているはず…!

 

f:id:montanista:20170226201351j:image

登れ登れ!

f:id:montanista:20170226201440j:image

f:id:montanista:20170226202048j:image

登頂!池の段にきました。

興奮して写真撮る前に足跡たくさんつけてしまった(笑)

 

 

f:id:montanista:20170226201711j:image

樹氷もとってもきれい…。

f:id:montanista:20170226201738j:image

f:id:montanista:20170226201801j:image

f:id:montanista:20170226201812j:image

f:id:montanista:20170226201924j:image

f:id:montanista:20170226201950j:image

 

自分の足跡を撮ってみました。

f:id:montanista:20170226202402j:image

 

仲間が撮った自分の姿と足跡。

f:id:montanista:20170226202431j:image

 

さて、そろそろ下山の時間。

名残惜しみつつ、そろそろ下ります。 

f:id:montanista:20170226202037j:image

f:id:montanista:20170226202114j:image

f:id:montanista:20170226202203j:image

木々と雪の景色もとても素晴らしい。

写真撮りまくってしまいました。

 

だいぶ降りてきました。

日が少し落ちてきて、影が長くなりました。

幻想的!

f:id:montanista:20170226202243j:image

f:id:montanista:20170226202327j:image

 

この後、道なき道を下りました。

f:id:montanista:20170226202646j:image

雪が深い!看板の頭がちょっぴり出てるくらい雪が積もっています。

ワカンがあってもはまります。

自分はワカンもスノーシューもないので、はまるというか、雪に刺さる感じ(笑)

 

f:id:montanista:20170226202617j:image

スボボボボ

 

帰りはほぼラッセル状態、というか年中落とし穴に落ちかけて這い出して、みたいな感じでなんとか下山。

面白かったけど、疲れた〜!

 

f:id:montanista:20170226202840j:image

幻想的な夕焼け間近の山、見上げた木の枝と空がほんとにきれいでした。

 

「ひろしま県民の森」の県民センターで、温泉に浸かってサッパリ。冷えた体を温めて、元気に帰りました。

 

ちょっと体力を使いますが、登山靴でも楽しめましたスノーハイク。

雪山の美しさ、堪能しました!

この季節の里山低山もおすすめですよ。