読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会員制捜索ヘリサービス ココヘリ

1人で登山することも増え、夏〜秋のハイシーズンになれば縦走やテント泊も。

3泊〜4泊プランで単独アルプス縦走をしてみるか、と計画していた折、考えたくはないですが遭難という有事の際にもしっかり備えておこうと思いたりました。

 

山岳保険、jROには入っていますが、何より、「遭難者がどこにいるのか」という『捜索』が最もキモなのだと思い、また、信頼している山ヤさんのおすすめもあって、このサービスに入会することに。

 

会員制捜索ヘリサービス「ココヘリ」

公式サイト ヒトココ| 山岳遭難| 認知症| 子どもを守るお守り

 

年会費 3650円

会員証を兼ねる位置情報発信機が貸与されます

 

ウェブで申し込んだら、1週間後に会員証が届きました。

 

f:id:montanista:20170414165628j:image

封書の中には、会員証と説明書。

 

これが会員証です。

「ヒトココ」という名前の位置情報発信機です。

f:id:montanista:20170414165654j:image

手のひらにすっぽり収まるオレンジ色の小型の発信機。とても軽いです。

f:id:montanista:20170414165723j:image

裏側には会員番号が印字されたシールが貼付されています。

 

電池は充電式で、MicroUSBで充電します。

一度フル充電すると3ヶ月は持つらしい!

 

エマージェンシーキットの中に入れておき、有事の時には取り出して、岩場の突起や木の枝など、なるべく電波が遮られず発信される場所に置こうと思います。

ループをひっかける穴もあるので、とりあえず紐を通しておこうっと。

 

悲しい遭難事故のニュースなどを見聞きするたび、自分はしっかりしないと、と思ってきました。

無理しないこと、普段の心がけや準備、装備が何より大事ですが、こういうサービスも積極的に取り入れていこうと思います。