もんたにすた 〜フツーのオトナ女子の登山あれこれ〜

登山ログや山ギア使用感などあれこれ書いてます

十方山 二軒小屋から

以前にも十方山に登っていますが、今回は別ルートで再登頂です。

 

恐羅漢山スキー場入口からほど近い、二軒小屋の駐車場に車を停めて、そこから登って行きました。

f:id:montanista:20170910202153p:image

f:id:montanista:20170910203523j:image

f:id:montanista:20170910203527j:image

駐車場。トイレもあります。

 

はじめのうちは川沿いの整備された傾斜の少ない道。散策気分で歩いて行きます。

f:id:montanista:20170910203507j:image

f:id:montanista:20170910203559j:image

せせらぎが心地よいです。

 

f:id:montanista:20170910203725j:image

だんだん茂り始めて、、、

f:id:montanista:20170910203748j:image

f:id:montanista:20170910203815j:image

ザ・山道に。

棘のある草木や葉っぱの縁が痛い花が茂っていたりするので、注意深く進みます。

f:id:montanista:20170910203938j:image

石がゴロゴロしていたり、

f:id:montanista:20170910204008j:image

根っこが這い回っていたり、

f:id:montanista:20170910204038j:image

割と傾斜がついた道をよいしょ、よいしょと登っていけば、1時間半ほどで、やがて山頂に。

 

f:id:montanista:20170910204127j:image

十方山の名の通り、山頂は全方位見晴らしの良い平らな台地。

f:id:montanista:20170910204236j:image

f:id:montanista:20170910204250j:image

ススキがきれいです。

f:id:montanista:20170910204332j:image

ウロコ雲がたなびいて、すっかり秋の空模様ですね。

 

山頂でお昼ご飯をいただき、ひと休みしたら帰路につきます。

下山はルートを変えて、水越峠を通過する道を辿ります。

 

こちらは、岩や石がなく枯れ枝や落穂が積もるふかふかした道です。

ただ、傾斜がかなりキツイので、滑らないように気をつけて降りて行きました。

f:id:montanista:20170910204605j:image

 

f:id:montanista:20170910204624j:image

地味ですが、このちょっと起伏したあたりが水越峠(だと思われます)。

f:id:montanista:20170910204653j:image

その後もずっとこんな感じの山道を下りていけば、もときた分岐にさしかかります。

 

秋の気配を楽しみながら、往復で別ルートを辿ることもでき、往復で3時間強で踏破できる山。

 

十方山、改めてすてきな山でした。

吉和に抜けるロングルートにチャレンジするもよし、、近くの恐羅漢山など有名な山々にも足を運んだり眺めて楽しんだりするもよし。

おすすめです!