もんたにすた 〜フツーのオトナ女子の登山あれこれ〜

登山ログや山ギア使用感などあれこれ書いてます

岩樋山&道後山 里山の秋

広島県庄原市にある道後山は、日本三百名山のひとつです。標高1268メートル、お隣の岩樋山と一緒に登って、秋の気配を楽しんできました。

 

f:id:montanista:20171001145503p:image

 

f:id:montanista:20171001145810j:image

f:id:montanista:20171001145828j:image

 

月見ヶ丘駐車場に車を停め、その駐車場から続く登山口へ。

月見ヶ丘駐車場は、よく整備された駐車場、水洗トイレがあり、頼もしい場所です。

が、ここに来るまで離合できない細い山道をクルマで上がってくる必要あり、ちょっと気を使います(苦笑)

お昼近く(11:30頃)まで登山のために上がって来るクルマがいるので、帰りは昼過ぎにしましょう。

 

f:id:montanista:20171001154144j:image

初めはこんな感じ、平坦で登りやすい道ですが、

f:id:montanista:20171001154226j:image

f:id:montanista:20171001154254j:image

だんだん、こんな階段の登山道に。

階段って、地味に疲れるんですよね。。。

 

途中、こんな休憩所が。

目の前の眺めを楽しみながらお茶したりお昼ご飯を食べたりできそうです。 

f:id:montanista:20171001154414j:image

 

山の花々が咲く姿が可愛らしくて、足を止めてパシャパシャ撮影。

f:id:montanista:20171001154458j:image

f:id:montanista:20171001154511j:image

f:id:montanista:20171001154542j:image

f:id:montanista:20171001154602j:image

 

木ノ実も豊かに実り、色づき始めていました。

f:id:montanista:20171001154651j:image

f:id:montanista:20171001154703j:image

f:id:montanista:20171001154731j:image

 

もうすぐ岩樋山の山頂、山肌を吹き抜ける風にたなびくススキが圧巻でした。

f:id:montanista:20171001154903j:image

f:id:montanista:20171001154807j:image

 

岩樋山 山頂。

f:id:montanista:20171001154925j:image

ちょっとした広場になっていて、すぐ隣の道後山が望め、そこにいたる稜線の山道が続く様子は、牧歌的で素敵です。

f:id:montanista:20171001155048j:image

f:id:montanista:20171001155107j:image

f:id:montanista:20171001155157j:image

 

岩樋山を後にして、山肌を降り、稜線沿いに歩いて、再び少し登ると、

f:id:montanista:20171001155240j:image

道後山です。

f:id:montanista:20171001155302j:image

f:id:montanista:20171001155351j:image

f:id:montanista:20171001155420j:image

 

道後山の山頂を過ぎ、先にある降り口から下っていきます。

すぐに分岐があり、右手へ。

右に行けば大池へ、左に行けば持丸山に続きます。今回は大池を経由して下山します。

f:id:montanista:20171001155657j:image

道後山をぐるっと回る感じで歩いていきます。

お日さまが気持ちいいです。

f:id:montanista:20171001155754j:image

陽が当たり、風もよく通るので、紅葉が進んでいますね。

f:id:montanista:20171001155825j:image

f:id:montanista:20171001155848j:image

 

やがて、道に水が染み出してぬかるんできて、よっ、はっ、とリズムよく水たまりを避けながら歩いていくと、大池に到着。

f:id:montanista:20171001155949j:image

f:id:montanista:20171001160009j:image

池の周りの紅葉もきれいです。

 

そのままスタスタと下り、岩樋山を巻いて、山肌沿いの道を下りていきました。

f:id:montanista:20171001160224j:image

途中、岩が積み上がったところがあり、中を覗くとお地蔵様が。

登山の無事をお祈りしておきました。

 

そのまま元来た月見ヶ丘駐車場までおりました。

 

ルートを見ると、メガネのような形に。
往復で違う道を通ることができ、違う眺めを楽しめるのも、この山の魅力です。

 

難所もなく、自然や景観を楽しみながら、時間や体力に合わせて分岐やルートをアレンジできる、すてきな里山

道後山、岩樋山、セットでおすすめです。